発表記録(学会・論文)

学会等発表著書論文過去の発表記録はこちら

学会等発表

2018年
第18回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2018年9月 富山

  • 治験薬対照薬の調製方法に関して添付文書、欧州製品概要間での乖離により誤調製となった1例
    宮本理史、小沼利光、川端崇義、田中雄太、八木健太、黒田智、北村佳久、千堂年昭、四方賢一
  • 外注検査キット管理ツールの導入に関する試みについて
    永山理美、田中雄太、山下房子、鷲田綾子、大野由貴、蔵田靖子、黒田智、四方賢一    
  • がん試験におけるSAE報告に関する調査ならびにSAE報告時の費用算定ついて
    田中雄太、黒田智、雪吉歌小里、大江祐子、山田あさ美、北村佳久、千堂年昭、四方賢一
  • 治験審査委員会委員教育の審査に与える影響に関する調査
    黒田 智、雪吉歌小里、大江祐子、山田あさ美、田中雄太、千堂年昭、四方賢一
  • 臨床試験の被験者レベルデータの共有(CTDS)に関する実施状況調査と治験審査の体制整備
    山田あさ美、黒田智、雪吉歌小里、大江祐子、四方賢一 

2015年
第51回日本肝臓学会総会 2015年5月 熊本

  • C型慢性肝炎に対するアスナプレビル・ダクラタスビル(第3相治験)の臨床的特徴から看護支援の検討
    難波 志穂子、池田 房雄、人部 友、黒田 智、千堂 年昭、白羽 英則、高木 章乃夫、山本 和秀

2014年
第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2014年10月 浜松

  • 国際共同治験のスクリーニング検査時に、院内測定と集中測定で血小板数の乖離を認めた1症例
    本郷 佐佳恵,東影 明人、赤澤 明日美、斎藤 まど香、細羽 章子、難波 志穂子、黒田 智、千堂 年昭

2013年
第34回日本臨床薬理学会 2013年12月 東京

  • CRC業務の均等化を図るための業務内容分析
    難波志穂子、庵谷亜希子、成本由佳、長井美貴、人部 友、原山 愛、山下房子、今中泰子、川上恭弘、千堂年昭
  • 我が国における治験審査委員会(IRB)の現状調査(第2報)
    成本由佳、西原茂樹、斎藤まど香、上田久美子、黒田 智、東影明人、本郷佐佳恵、川上恭弘、千堂年昭

Bio Japan2013 横浜市

  • 岡山大学新医療研究開発センター治験推進部における治験への取り組み:川上恭弘

第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2013年9月 浦安

  • 新人CRC教育にポートフォリオを取り入れて:山下房子、難波志穂子、川上恭弘、千堂年昭
  • EMA査察の経験と対策~医療機関の立場から~:川上恭弘
  • 治験依頼者より治験実施医療機関へ貸与される機器の精度化案について
    斎藤まど香、東影明人、黒田 智、上田久美子、成本由佳、庵谷亜希子、土井原夕貴、川上恭弘、千堂年昭
  • 治験依頼者からの精度管理の調査対応について
    東影明人、本郷佐佳恵、今中泰子、人部 友、原山 愛、川上恭弘、千堂年昭

第23回日本医療薬学会

  • 岡山大学病院治験推進部における実務実習生に対する取り組みとその評価
    土井原夕貴、西原茂樹、蔵田靖子、上田久美子、成本由佳、庵谷亜希子、斎藤まど香、川島理恵子、田中三紀子、川上恭弘、千堂年昭

2012年
第12回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2012年9月 東京

  • 岡山大学病院における国際共同治験および国内治験の逸脱分析と対策
    人部 友、難波志穂子、山下房子、原山 愛、成本由佳、齋藤まど香、川上恭弘、千堂年昭
  • 「緊急の危険を回避するための逸脱」の発生状況調査
    上田久美子、佐藤順子、東影明人、庵谷亜希子、土井原夕貴、西原茂樹、川上恭弘、千堂年昭

第5回中国地区治験拠点病院連絡協議会 2012年1月 岡山

  • 中央IRBに向けた取り組み:西原茂樹

著書論文

  • 成本由佳、西原茂樹、斎藤まど香、上田久美子、黒田 智、東影明人、青江(本郷)佐佳恵、川上恭弘、北村佳久、千堂年昭:我が国における治験審査委員会(IRB)の状況調査 臨床薬理 47: 105-113, 2016
  • 難波志穂子,川上恭弘,西原茂樹,千堂年昭:治験コーディネーターが抱えるストレスの要因分析ならびに精神健康度との関連調査;日本臨床薬理学会,44(1),37-46(2013)